そもそもガードルとはつけたほうがよいのか、という悩みがあったりします。そうしたことがありますし、商品ごとにどんな違いがあるのかといったようなことも個別に判断しなければならないということになりますので割とめんどくさいというのが悩みの一つでしょう。

しかし、やはりつけないことによって垂れるということはあるのでしょう。どうしても年齢とともに基礎代謝量は低くなっていくことになりますから、太りやすくなりますと垂れていくということになります。

ですから、そうしたことからしっかりとフォローするという点において役に立つのだろう、とは考えています。身につけることにはそんなに手間がかかることでもありませんし、それ自体は問題ないです。

ラインがはっきりとでるところに悩ましいところはありますがデメリットというわけでもないです。割と高かったりすることもありますが、最近ではそこそこよいものであろうとも安く買うことができるようになっています。

ガードルに関する悩み

ガードルをしようとするとき気になることがあります。それはお腹が出ている人や体の大きい人が利用すると逆にかなり窮屈ではないかという悩みがあります。ガードルはダイエットにいいと聞くから昔から気になっていました。

体型のいいときに履けば窮屈を感じるのは若干少なくて済みますが、年齢が経つに連れて体型が変わります。体型が変わってもガードルは窮屈にならないのかという不安があります。ガードルは通常なら巻いて使うものではなく、パンツ型のガードルが昔からあります。

パンツ型は履きやすいイメージがありますが、常にお尻が大きい自分にはお尻の部分が入るのか気になります。私は体型が大きいしお尻も大きいからガードルを履くことを躊躇しています。

市販で見てみるとガードルの画像も小さく見えます。ガードルはお尻と股がきちんと入れば使えると思います。ガードルで痩せたいのは山々ですが入らなければ困ってしまいます。少し大きめのサイズがあるガードルはどこで購入すればいいのか分からずに困っています。